施工実績

2013/10/19 ばっっっさいです

施工内容:伐採・抜根 | 施工期間:2013/10/8~2013/10/12

ひとつ前にupした「お庭のお手入れ」のお庭に、枯れかけているシラカシの木があり、伐採することになりました。

たまたま、作業中の写真を撮りに伺えたので伐採作業シーンだけの特別バージョン施工実績upします!!


ばっっっさいです     ばっっっさいです

ざーんと頭の方はすでに切り落とされております!!!!
…じつは到着が遅くなり、初めから撮影ができませんでした。
大きなことを申してすみません。。。

残った部分もまだだいぶ大きいので少しずつ作業が進めていきました。
こちらは切った後にクレーンで吊り上げられるように準備をしているところです。


          ばっっっさいです

そしてダ――――――――――っときっていきます。

          ばっっっさいです

ダ――――――――――っと切った後はクレーンで吊りながら・あおりながら吊り上げて…なんと申しましょうか切り上げて行きます。

そのとき
バキっ!!!!といってしまうとぶらーんとあれだけの太い幹がゆらゆらして危険なのでなかなか慎重さを求められる作業です。

ばっっっさいです     ばっっっさいです

そしてこの通り。
ぶらぶらしないようにロープで引っ張って誘導していきます。

ばっっっさいです   ばっっっさいです   ばっっっさいです

残りの幹にも吊るためのロープをかけようとしますが親方が見ても引っかかりそうなところがなく、仕方なく、くぼみを作成。

切り粉が舞い散るなか激近で撮影し、目が攻撃を受けました。
ちょっとパパラッチの気分です。

ばっっっさいです

作業に戻りますと、先ほどのくぼみにロープが無事にかけられ、したからチェーンソーでバ―――――――――っと切りながら、再びあおったり吊り上げたりしていき最終段階に差し掛かってまいりました!!
というか、気付いたら吊り上げられていて無事にこの丸太も着地して完了でした。

ばっっっさいです

ちなみに切り終わった後の木と…

ばっっっさいです

切られた丸太に染みだした蜜を見つけたアリたちです。


これを見つけた時は、枯れかけてはいてもやはり生きていたんだとおもった瞬間でした。


今回、伐採した木は大きかったせいもありますが
このようにクレーン車を使った作業になるため、伐採は基本的に大がかりな作業になりやすいかと思います。

また抜根作業は文字通りに息の「根」を止める・切る作業ですので手間がかかるとお考えください。

ですが、大きな木が枯れたままになっていると強風や先日の台風のようなときに思わぬ方へ倒れて破損事故等につながる可能性もございます。

ぜひ、そのような木がございましたらご相談ください(^^)

先手を打って事故防止を☆
です。


ご依頼をいただきましてありがとうございました。

2013/10/19 お庭のお手入れ

施工内容:剪定・刈込 | 施工期間:2013/10/8~2013/10/12

お庭のお手入れのご依頼をいただき、先日行ってまいりました。


 お庭のお手入れ     お庭のお手入れ


 お庭のお手入れ    ①お庭のお手入れ

お庭のお手入れ

とても立派なお庭で写真で拝見すると木もみんな大きいのでまるで公園のようです。

木が大きい分、葉が茂っていると余計に大きく見えますが・・・


 お庭のお手入れ      お庭のお手入れ

お庭のお手入れ     ②お庭のお手入れ


お手入れ後はこんなにすっきりとします!!
①②と番号を入れた箇所は特に壁があるせいかすっきり度がはっきりしているように思えます。


大きくなる木は維持管理が大変とはおもいますが、年一回でもお手入れしているかどうかで木の茂りかたが違うと聞きました。

強剪定すると、余計に枝が暴れてしまうそうですし、費用も掛かってきます。できれば継続的に手を入れていくのが得策かと思います。

2013/10/11 ざっくりいきました

施工内容:剪定・刈込 | 施工期間:2013/9/25~2013/9/26

また更新のおさぼりがはじまってしまいました。。。

先月になりますが、敷地内の枯れてしまっている木の伐採と元気な木の強剪定を、というご依頼をいただき行ってまいりました。

ざっくりいきました     ざっくりいきました

周りから生えてきている蔦もからまり、木の葉っぱかどうかも判然としない木もありました。
大きめの木ばかりなので、伐採作業も気をつけないと登って枝を下すつもりがそのまま枝と職人一緒に落っこちてきちゃうこともありますので高所作業車も随所に活用しつつ、いつも大事にしていますが改めて注意を払いながらの作業になりました。

ざっくりいきました     ざっくりいきました

そしてさっぱりとし、秋の空がきれいにあらわれて作業は終了いたしました(^^)


ちなみに「強剪定」についてですが…
時期や木の状態を見てから行わないと枯れてしまう可能性もあります。
またバッサリと切り落とす分すっきりとはしますが、生命維持の危機を感じるためか逆にそれまで以上に
枝や葉が吹いてもっと勢いのある枝ぶりになり、樹勢も崩れてしまいます。

ですので強剪定は一時的にはさっぱりしますが、上記のようなデメリットもございますので、
年に1回もしくは2回のお手入れでいい状態をキープしていくことをおススメします☆

 |